FC2ブログ
主に2DのACT作ってます。オトナ向けなのでご注意くださいまし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

SpineでIKを使うと便利な箇所

どもッス、ウタです。

今回は備忘録的な記事です。

20170308

IKを設定すると、手足を動かす時に便利なのです。
上腕と前腕、手先のパーツがあったら、上腕と前腕のボーンを選択し、手首の位置にIKを作成します。
すると体の上下や左右の揺れにあわせて手足が重力や可動域を意識したモーションをつけやすくなります。
不自然な点はボーンの位置を微調整したりグラフで曲線をいじったりするとよいです。

パスにIKのボーンを適用できないのかしらん。
できたら腕振りとかラクなのだけど。
誰かご存じでしたら教えてくだされ。

胸は鎖骨の下と乳首のちょっと下くらいに点ボーンを置きます。左右それぞれふたつずつ、合計4つです。
これを体の揺れにあわせて上下しますと、たゆんたゆんします。
メッシュをバインドする際、ボディのボーンも選択して胸パーツの下半分を目安に
数値を割り振っておくと必要以上に動かないのでオススメです。
乳首の点ボーンを左右でセットと考えて動かすといいです。鎖骨の点ボーンはあまり動かさないのが
コツです。

まあ凝りすぎてボーン入れまくるとこんがらがって地獄を見ます。
ボーンを色分けするのもいいかも。確かできたはず。私はメンドイのでやってません。

Spineを使ってて、ここを見てくれている方に役立てば幸いです。

REISEN'S ACTIONはタイトル画面は完成しました。
ボス戦のバグと格闘するために、まとまった時間を作らないと。

ではでは、またのお越しを~。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

うたかたグラビティ

Author:うたかたグラビティ
「遊んで楽しい」をモットーに細々運営してます。
 中の人はSpineやCF2.5を使ってアクションゲーム作ってます。

月別アーカイブ
 
リンクしているサイト様
【敬称略&順不同】
リンクバナー
当ブログはリンクフリーです。相互リンクもコメント等でお気軽に。  メールはuta_gra★yahoo.co.jpまで(★を@に置換)

↑は200×40ピクセルのバナー。
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。